化粧品素材用リン脂質ナノ粒子製造技術

iLiNPの技術と弊社ノウハウを駆使することで様々なタイプの化粧品素材用リン脂質ナノ粒子を創り出すことができます。
マイクロ流路技術採用により少量・短時間の処方検討が可能で、かつスケールアップも比較的容易なため開発期間を短くすることができます。

その第一弾として、化粧品素材用リン脂質ナノ粒子iLiNPSOME-Vシリーズの開発に成功しました。

 


専用iLiNPデバイスで作製した化粧品素材用リン脂質ナノ粒子の電子顕微鏡写真
iLiNPへの送液条件を変えることにより粒径を容易に調節できます。
また粒子内部に様々な化粧品素材を内包することもできます。

 


製法による性能の違い(粒子安定性及び皮膚透過性)
蛍光色素(カルボキシフルオレセイン)を内包したリン脂質ナノ粒子をiLiNP及びホモミキサーで作製し、粒子安定性及び3D皮膚モデルでの透過性を確認したところ、iLiNPで作製した粒子の方が蛍光色素の内包安定性が高く皮膚内部への浸透性も高いことがわかりました。

 


3D皮膚モデルにおけるカフェイン透過性試験
リン脂質ナノ粒子で3D皮膚モデルを前処理すると皮膚のバリア性が向上しカフェインの透過性が減少することがわかりました。

 


即時のふっくら効果の検証
リン脂質ナノ粒子をヒトの皮膚に塗布して10分後のキメの状態を観察したところキメがふっくらすることを確認できました。

 

お問い合わせ
開発品の詳細は共同開発先の (株)日本触媒 化粧品事業室 (cosmetics@shokubai.co.jp) にお問い合わせください。

※このページの写真、図の著作権は全て(株)日本触媒に帰属します。

戻る

PAGETOP
Copyright © ライラックファーマ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.