徐放性ポリマー粒子製造技術

iLiNPの技術と弊社ノウハウを駆使することで、水溶性薬剤を高封入率で内封したW/O/Wエマルション型のポリマー粒子を少量試作から大量生産まで1ステップで連続的に製造することができます。
またPLGA(ポリ乳酸/グリコール酸共重合体)等を用いることで徐放性を付与することもできます。


以下、製剤例として「カモスタット内封PLGA粒子」をご紹介します。
カモスタットは膵炎治療薬として使われているほか、最近ではin vitro試験系にて新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染を阻害する薬剤としても知られています。

このたびは弊社独自の技術により、カモスタット内封率>99%、単峰性の粒径分布を示し、かつ平均粒径が約500nm程度のPLGA粒子を1ステップで少量から再現性良く調製することに成功しました。

なおこのような薬剤内封粒子は粒径、滞留性、徐放性などを最適化し、さらに粉末状とすることで吸入剤やカプセル剤等としても投与可能となり、更に薬剤濃度を適切にコントロールできる新しい薬剤として開発することも可能です。

ライラックファーマでは独自のマイクロ流路技術を活用した様々なアプリケーションのご提案を今後も進めて参ります。

戻る

PAGETOP
Copyright © ライラックファーマ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.